PAとSPF

日焼け止めの性能を示すPAはProtection Grade of UVAを省略した言葉です。このPAは主に、UVAを防ぐ力を示しています。PA+、PA++、PA+++、PA++++があり、+の数が増えるほど力が強いことを表しています。一方のSPFはSun Protection Factorを省略した言葉です。このSPFは、UVBを防ぐ力を示しています。SPF30、SPF50などと表示されていますが、SPFの隣にくる数字が大きいほど力が強いことを表しています。日焼けが起こるまでは人によって違いがあるものの、15~20分ほどが平均とされています。SPF30の日焼け止めは、日焼けしてしまうのを30倍先送りにできるという意味が込められているのです。

使用する日焼け止めの選び方としては、シーンに合わせて決めることが重要です。普段の通勤、散歩、買い物であればSPF10~20程度、PAは+か++、強い日差しの下でのレジャー、マリンスポーツではSPF50以上、PAは+++か++++がよいでしょう。外でする軽い運動やレジャーといった活動であれば、SPFは20~30程度、PAは++か+++の日焼け止めがよいでしょう。