UVの種類と日焼け止め

紫外線にはUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3種類があります。紫外線の種類によって、引き起こされる肌トラブルの種類には違いがあります。紫外線による肌トラブルの対策としては、紫外線の強い時間帯に出かけない、日陰をうまく使う、日傘をさしたり帽子をかぶったりする、袖や襟つきの服で肌を隠す、サングラスをかけるほか、日焼け止めを使用することが効果的です。

UVAは、皮膚の内側にある真皮まで達し、皮膚の中で活性酸素を生成します。そしてDNAに損傷を負わせたり、コラーゲンやエラスチンを壊したりし、シワやたるみといった肌トラブルが生じてしまいます。UVAのやっかいなところは、窓ガラスや雲を通り抜けてくるところです。曇っている日や、屋内にいるときにも警戒しなければいけない紫外線といえます。次にUVBですが、皮膚の表面が赤くなる炎症を生じさせます。皮膚表面で生じた活性酸素は、紫外線があたっていなくてもメラニン色素を多量に生成し、結果として色素沈着を起こしてシミやソバカスが生じてしまいます。最後のUVCは皮膚疾患を起こすUVBより危険な紫外線ですが、オゾン層で取り込まれて地上まで降り注ぐことはなかったのですが、現在のオゾン層破壊が原因で地上まで達してしまうことが警戒されています。

このサイトでは、上記の紫外線対策に効果的な日焼け止めについて、使用する方に知っておいていただきたいことを解説しています。適切な商品選びや使用のためにお役立ていただければ幸いです。


● 紫外線対策についてのおすすめサイト ●
紫外線対策は色々な方法がありますが、特に効果的で続けやすいのは日焼け止めサプリでしょう。日傘を持ち歩いたり日焼け止めを塗り直したりする手間が省けるので、手軽に出来る紫外線対策です。日焼け止めサプリについては、こちらの記事も参考になります > 日焼け止めサプリ